別れさせ屋の別れさせ工作とは?

  • ご相談件数1900件以上
  • 別れさせ屋業界初!全国対応交通費0円

まず最初にお読みください

別れさせ屋Logicの強み
公式インスタグラム

別れさせ工作とはどんな事をするの?

別れさせ屋を利用する人の目的として「恋人がいる人を好きになったから、別れさせてチャンスを作りたい」というイメージが強いと思います。
もちろんそういった理由で別れさせ屋を利用する人も多いのですが、他にも様々な理由で利用している人もいます。
例えば
「旦那が不倫をしている。だから旦那と不倫相手を別れさせてほしい」
「今彼氏がいるけれど、この彼氏とわだかまりを残すことなく綺麗に別れたい」
「結婚している旦那と慰謝料など払うことなく離婚したい」 などなど、それぞれの状況の中で別れさせ屋を利用する人がいます。

そんな別れさせ屋のイメージといえば、ドラマやテレビ番組のイメージで「工作員が様々な方法を駆使して相手を追い詰めて別れさせる」というイメージが根強いです。
確かに、別れさせ屋は工作員が様々な工作を駆使して別れさせていくものなのですが、その実態は意外とシンプルなものです。
相手を追い詰めて別れさせるのではなく、自然の流れで工作員がターゲットと接触をして、少しずつ相手を心理誘導していくことで別れさせます。

そんな別れさせ屋の工作ですが、無理矢理相手にアプローチをかけてみたり、ハニートラップなどの色仕掛けを使って行うものではありません。
あくまでも自然に出会い、自然に相手と別れさせ、自然に新しい恋愛へと目を向けるような工作なので、
ターゲットにとっても「これが自分の恋愛なんだ」と自然に思わせるようなアプローチをしていくのが大前提となります。

なので、基本的に別れさせ工作は、無理矢理相手の行動を強制するようなものではないので、怪しまれるリスクもありませんし、
違法性のある方法をとって無理矢理別れさせるといったことも一切行いません。
なので、もし別れさせ屋を利用したいと考えた時は、安心して相談をしてみてください。

別れさせ工作とは具体的にどうやってやるのか?

では、実際に別れさせ工作とは具体的にどのように行っていくのでしょうか?

まず最初に行うのは、現場を視察するところから始めます。
依頼者から情報を仕入れ、それに合わせてどうやって接触するかを考えるために、ターゲットをどこで視察するかの場所を決めていきます。
どこならターゲットの動きを見やすいか、接触するためには人員はどのくらい必要なのか、必要な機材は何かあるかなど、
この視察を通して計画を立てていきます。

そして、現場視察を経てある程度の目星がついたら、いよいよターゲットの特定調査を開始します。
最初からターゲットがわかっている場合は、ターゲットが普段どんな行動をしているのか、どこに接触するポイントがあるかなどを探すために、尾行をします。
それと同時に、ターゲットは普段どんなことに興味があるのかなどもチェックし、接触するためのヒントを得ていきます。
これを徹底して行っていくことで、ターゲットとより自然な出会いを演出することができるというわけです。

尾行調査などを経て、ターゲットの行動パターンがある程度見えてきたら、今度は接触できるポイントをいくつかピックアップしていきます。
そして実際に調査員や工作員が接触するためのシミュレーションを念入りに行っていきます。
ターゲットの反応によってどう対応していくのか、ありとあらゆるパターンをシミュレーションしていき、
皆が納得できるようなシナリオを演出していけるように、念入りにチェックしていきます。

そして、ある程度シミュレーションができたら、いよいよターゲットと接触開始です。
ターゲットに対して工作員が実際に接触をしていくのですが、その際にはとにかく自然であることが重要です。
これまでの尾行や事前情報を基に、接触を開始し、万が一ターゲットが予想外の行動を取ったとしても、
臨機応変に対応できるようにしっかり工作をしていきます。
工作員によってターゲットの気持ちのつかみ方はそれぞれ異なってはいますが、
それぞれの特性を活かして、違和感を感じさせることなくしっかり関係を構築していきます。

関係を構築することができた後は、心理誘導を駆使してターゲットと相手を別れさせていきます。
そして、無事に別れさせ工作が終わった後は、今度はアフターフォローへと回ります。
ターゲットと構築された関係の後処理、依頼者への今後のアドバイスをしていきます。
そして、依頼者が希望した段階へ持っていくことができたら成功となり、成功報酬を支払うという流れになります。

別れさせ屋が見る現状と実際に依頼者にどんなサポートをするのか?

では、実際に寄せられた依頼の現状と、別れさせ屋がどんなサポートをするのかをご紹介します。

①彼氏と浮気相手を別れさせてほしい

自分が付き合っている彼氏が浮気をしていた場合、皆さんはやはり相手に詰め寄ってしまったり、話し合いをするのが通例だと思います。 確かに相手に詰め寄って怒れば、怒りの発散はすることができると思いますが、それだけで根本的な解決には繋がりません。 場合によっては話がこじれてしまい、どんどん悪い方向へ行ってしまう可能性もあります。 しかし人間というのは、嫌な状況は少しでも早く解消したいという気持ちが先走ってしまうので、早く解決しようと冷静な判断ができずに物事を進めようとしてしまいます。 すると、相手が何を考えていたのか、客観的に見て自分はどう見えているのかなどが考える余裕がなくなってしまいます。 そうなることで、相手を非難することが正しいと思ってしまい、必要以上に怒ってしまうというわけです。

しかし冷静になって物事を考えてみると、何故浮気をしたのかという浮気をした人の理由もあるのではないでしょうか? 極論を言ってしまうと、自分が完璧で満点の人間で、誰から見ても文句なしの人だと思われていれば、そもそも浮気をしなかった可能性だってあるのです。 人間は誰でも欠点をもっているもので、完璧な人というのはいません。 なので、どこかに浮気をしたいと思わせるきっかけがあったと思うのが自然です。 そしてそのきっかけを解決しない限りは、本当に意味での解決にはなりません。

もし彼氏と浮気相手を別れさせたいのであれば、まずは自分のどこに非があったのかというのを考えてみましょう。
そして、彼氏は自分のことをどのように見ているのかというのも考えていきます。
その後に自分に今何が足りないのか、何を改善すれば良いのかというのを見つけ、自分自身でそれを改善していくことが大切です。
とにかく今よりも彼氏による自分の評価を下げないようにしていくことが最重要となります。
そうすることで、彼氏は改めて価値を見直すことができるようになり、浮気をする頻度が自然と減っていきます。
そして、最終的には浮気による別れを避けることが可能になるというわけです。

では、それを踏まえ、別れさせ屋として彼氏と浮気相手を別れさせるのにどのような工作を取るのでしょうか?
基本的には彼氏と浮気相手がしっかり別れることを前提とした工作となるので、別れさせ工作をすることになります。
ただ、依頼をしたからといってそれで解決というわけにもいきません。
何故浮気をしてしまったのかを考えると、依頼者との関係に不満がある可能性が高いため、まずは印象を良くしていかなくてはなりません。
そのために、どのような接し方をすれば良いのか、どんな考え方をすれば良いのかというのをしっかりサポートしていきます。
そして、それを基に依頼者も努力をしていかなくてはなりません。
別れさせたいと依頼する人の本当の願いは別れさせるのではなく、別れさせてまた再び2人一緒に過ごすというものなので、ここをしっかりやっておかないと同じことの繰り返しになります。
そして別れさせ工作としては、浮気相手と彼氏の関係性を悪化させるようにしますので、これを大きなきっかけとして復縁に結び付けていきます。
復縁までの道のりは、もちろん別れさせ屋もしっかりサポートをしてくれるので、気になることはどんどん聞いて、自分の理想となる結果にもっていきましょう。

②不倫相手を別れさせてほしい

もし配偶者が不倫をしていることが発覚した場合、気が動転したり不安になったりします。
「不倫相手と別れてほしい」「離婚だけは避けたい」という様々な想いが出てくることでしょう。

実際に相手が不倫しているということがわかった場合、先ほどと同様に相手を責めすぎてしまったり、問い詰めてしまったりします。
そして「自分の方が絶対に正しい」という気持ちが強くなり、自分の気持ちばかりを相手に押し付けてしまうことも。
さらに離婚をするのかしないのかということも揉めるようになってしまいます。
もちろん不倫されていると知った時は怒りの感情が出てくるのは当然ですし、そう簡単に許せないという気持ちもあるでしょう。
「相手のことを労わって尽くしてきたのに」「今まで我慢してきたこともあるのに」など様々な感情が渦巻いていきます。

しかし実は意外なことに、不倫が発覚してそのまま離婚請求をし、スムーズに離婚をしたという事例は全体の1割ほどなのです。
残りの9割は「離婚まではしない」と選択しているというわけです。
何故かというと、離婚を考えるほど許せない気持ちはあるのですが、いざ離婚をしたら経済的に厳しかったり、親権問題があったり、不倫相手に負けてしまった気になって悔しいという気持ちなど
様々な理由があるため、結果離婚をしないという選択をしているようです。

そして不倫による離婚となると忘れてはいけないのが慰謝料問題です。
実はこれが経済的にもデメリットになるものであり、離婚を躊躇させる要因の1つとなっています。
もちろん不倫をしているという証拠がしっかり揃っていれば、相手に慰謝料請求をすることは可能です。
しかし、いざ慰謝料請求をしたとしても、その金額をしっかり支払えるという人は実は僅かしかいません。
稀に莫大な慰謝料請求でも払えると判断され、そのまま離婚するというケースもあるようですが、
ほとんどは確実に振り込まれるという保証がないため、経済的にも不安になるというわけです。

一方で、不倫相手に慰謝料請求するというのは別れさせる方法の1つとなります。
不倫相手には「もしこのまま関係を続けるなら慰謝料を払ってもらう。こっちは離婚するつもりはない」と伝えます。
不倫相手にとっては「この人は離婚する意思がない、お金を取られてまでこの関係を続ける利点はない」と考え、そのまま別れを選択する人が多いです。
これで関係が綺麗に消えることもありますが、だからといって安心することはできません。
こうなる前までは確かに不倫して愛し合っていたので、知らない所で関係が続いているというのはよくある話です。
さらに不倫相手にとっては「無理矢理別れさせられた」という気持ちが出てきてしまい、被害者意識が出てくることで精神安定のために関係を続ける人も多いです。

また世間一般では不倫は悪いことだという認識は確かにあります。
しかしいざ現状を見ると、不倫している人たちからすると、不倫をするのには何かしら理由があるのがほとんどです。
そんな時に慰謝料請求などされたら、その人を無意識に「悪」と認識するようになってしまい、夫婦関係が悪化する可能性が出てきます。
なので、慰謝料請求をちらつかせて不倫相手と別れさえるというのは非常にリスクの高い行為となります。
円満な夫婦関係に戻りたいと考えているなら、まず慰謝料のことは考えない方が得策でしょう。

では、そんな状況の中で別れさせ屋は具体的にどのような工作をするのでしょうか?
不倫相手と別れる理想の流れとしては「不倫相手の印象を悪くし、それをきっかけに別れてもらい、配偶者の印象を良くすること」です。
この流れを自然に持っていってくれるのが、別れさせ屋や復縁屋というわけです。
不倫相手の行動を通して印象を悪くするように工作をし、しっかり別れさせるというのはもちろんのこと、
ターゲットにはしっかり反省してもらった後に、改めて円満な夫婦家庭にしていく工作をしていきます。
別れさせ屋は別れさせるだけではなく、夫婦関係を改善していくための復縁工作も行っていきます。
つまり、不倫問題に関する依頼の最終目的としては、不倫相手と別れさせるということではなく、別れた後に夫婦関係を修復し、依頼者が安心して夫婦関係を継続することができるようにすることです。
なので、離婚はしたくない、関係を週h九したいという人は一度相談をしてみてはいかがでしょうか?

別れさせ屋には裏はありません!

「別れさせ屋」と聞くと、馴染みがないということもあることから「ちょっと怪しい」と思ってしまう方も多いでしょう。
最近ではテレビなどでも別れさせ屋の話が取り上げられたりすることもあり、少しずつ認知度も上がってきています。
ただ、テレビで放送されている内容は結構重たい内容だったりすることもあるため、ドロドロしているのかと思われがちですが、
実際に寄せられている依頼はそこまでドロドロとしたものではありません。
「別れさせ屋に頼むほどでもないな」と思う方もいるかと思いますが、実際に別れさせ屋に依頼している人はたくさんいます。

また「別れさせる」という行動に抵抗があるという方もいると思います。
ですが、よく考えてみると普段から好きな人と結ばれたいという想いで、綺麗になる努力をしたり、デートに誘ったりすることもあります。
そして好きな人に恋人がいたとしたら、なんとか振り向いてもらいたいという気持ちが出て、
好きな人に対して自分の評価が上がるように振る舞ったり、心のどこかで別れてほしいと願ってしまうこともあります。
この行動もまた「別れさせるための工作」に当たります。
それだけ、別れさせ工作というのは身近な存在となっています。

実際にプロの別れさせ屋でも、様々な工作を駆使して自然な流れで別れさせる工作を行っていきます。
そしてこれは相手の心理状況を見極め、どう振舞っていけば良いのかというのを綿密に計画していきます。
様々なノウハウを盛り込んだ別れさせ工作なので、一般的な工作とは効果も全然違います。
別れさせてほしいという一心で行動をすると、客観的に自分のことを見ることができなくなってしまうので、どうしても失敗しやすくなります。
まずは、プロの別れさせ屋に相談をし、どのような流れで別れさせるか、自分にできることは何かというアドバイスを是非受けてみてはいかがでしょうか?

ページトップへ戻る
別れさせ屋Logic