別れさせ屋Logicから初めての方へ

  • ご相談件数1900件以上
  • 別れさせ屋業界初!全国対応交通費0円

まず最初にお読みください

別れさせ屋Logicの強み
公式インスタグラム

初めて当社別れさせ屋ロジックを利用する方へ

最近ではテレビなどでもよく別れさせ屋が取り上げられており、少し興味を持っている方も多いと思います。 ですが実際のところ、別れさせ屋に依頼したことがあるという人が少ないため、ちょっと怖いなという印象があると思います。

確かに別れさせ屋といえば「工作員を動かして工作をする」「ハニートラップをして別れさせる」「尾行したり接触したりする」というのも実際にあり、普段そういったことからかけ離れている人からすると、現実味が感じられずに「なんだか悪いことをしているのでは?」と思うかもしれません。 本来なら探偵業法が施工されていることもあり、別れさせ屋は誠実に依頼をこなしていかなくてはなりません。 ただ残念ながら、そういった法律が施工された中でもしっかり仕事をしてくれない業者であったり、契約した後に急に威圧的な態度をとってくる業者があったりするのが現状です。

そのような状況の中でも当社別れさせ屋ロジックでは、少しでも依頼者の人が安心して相談しに来てくれるように、環境づくりや真摯に依頼者の方と向き合って誠実に依頼をこなします。 なので、当社別れさせ屋ロジックに相談をする際には、安心してご利用ください。 今まで悩んでいて不安だったことがスッと解消され、気持ちも楽になってくることでしょう。 では、何故当社別れさせ屋ロジックが誠実な業者と言えるのか、いくつか大切なポイントをお伝えいたします。

別れさせ屋を比較するポイント

まず別れさせ屋といっても様々な特徴がありますので、いくつか業者をピックアップしてしっかり比較していく必要があります。

それぞれどんなプランがあるのか、そのプランの料金はどのくらいなのかはしっかりチェックしておきましょう。 例えば、10万円のプランと5万円のプランがあったとします。 一見すると安い5万円の方がリーズナブルで依頼しやすいと思うかもしれません。 ですが、成功率は5万円が30%で10万円が70%となったら、10万円のプランを提案した業者の方が安心して依頼できます。 なので、極端に言えば正確な成功率がわかれば、プラン料金と成功率の比較も簡単なのですが、なかなかそういった成功率が見られる所は少ないです。 では、どこを見て比較していけば良いのでしょうか?

まず大切なのは、その業者に信ぴょう性があるかどうかを見極めることです。 信ぴょう性を知るために、相談窓口に連絡をして色々探りを入れたとしても、返ってきた答えが必ずしも正しいとは言えませんし、それはどう見ても表面上の言葉でしかわかりません。 より深く業者を見極めるためには、まずは同じ相談内容のメールを気になる業者に一斉送信していきます。 すると、各業者から返信が来ると思いますので、その返信内容をチェックしていきます。 届いた1通目の返信内容で、その会社がどんなアドバイスをするのか、どんな対応をしているのかを見ることができます。 その内容で信頼できる業者かどうかをある程度見極めることができます。

メールを送った業者の中から3つほどピックアップしておき、その後も何度かやり取りをしていきます。 すると、徐々に自分が「良いな」と思える業者が見つかっていきます。 では、その理想的な業者を見つけるポイントをご紹介します。

①探偵業届出証明書があるかどうか

まず別れさせ屋の業者はサービスを提供する前に、探偵業法に基づいて公安委員会に届け出を提出しなくてはなりません。 これを提出していない業者が尾行や張り込みなどの調査をすると違法になってしまいますので、絶対に依頼してはいけません。

届け出を出した業者には探偵業届出証明書が発行されているはずなので、必ずその証明書があるかどうかはチェックしておきましょう。 当社別れさせ屋ロジックでも探偵業届出証明書をしっかり発行しているので、ご安心ください。

②会社がどんな所かをしっかりチェックする

別れさせ業者の多くはホームページがあり、どんな外観なのかというのを掲載しているところが多いです。 一見するとオフィスビルにあるように見えて「ちゃんとした会社だな」と判断できるかもしれませんが、その会社がレンタルオフィスであったり、実際はマンションの一室で運営をしているという所もあります。

レンタルオフィスの場合、1つのオフィスに複数の会社が入っているので、まずはそこをチェックしてみてください。 そして登録されている住所が、その業者が所有している所かを見ておきましょう。 もちろん、レンタルオフィスやマンションの一室で運営している業者が全て悪いとは言い切れないのですが、どこか不安が残ってしまいます。 安心して依頼をしたいというのであれば、その点は妥協しないようにしておきましょう。 当社別れさせ屋ロジックでは登録した住所にしっかりと拠点を構えているので、ご安心ください。

③法人登記がされているか

質の高い別れさせ屋のサービスを提供するためには、とにかくたくさんの専門スタッフが必要です。 スタッフと一言で言っても、調査員・工作員・相談員など様々な分野で特化した人材を集めなくてはなりません。 依頼によっては日本全国飛び回っていく必要があるので、多くのスタッフがどうしても必要です。 そして人材がたくさんいる別れさせ屋は必ず法人登記をしており、株式会社として活動しているケースがほとんどです。

別れさせ屋の中には個人事業主で活動している所もありますが、これは法人登記を取得していないということになり、人材もそれほど多くないことがわかります。 工作や相談や調査をするうえで、必要なスタッフが十分にいるかどうかもしっかりチェックしておきましょう。 当社別れさせ屋ロジックも、法人登録済みで人材を十分に揃えているため、どんな依頼でもしっかりこなしていくように努めております。

④代表者と面会することができるかどうか

どんな業者なのかを正確に知るためにも、一度業者の代表者の人と面会をしてみてください。 ①でも紹介した探偵業届出を提出する際には、代表者自身が審査対象となっています。 基本的にその代表者に問題があり、不適合だと判断されると、認可はまずおりません。 そうなってくると、質の悪い業者は代表者が形だけ名義を貸したものにしている可能性もあります。

なので、この代表者の名義は本当に業者の代表の人なのかというのを事前に知っておくことが重要となります。 そのためにも、一度代表者の人と面会をしておき、情報をしっかり収集しておきましょう。

当社別れさせ屋ロジックでも、ご希望があれば代表者が直接お話を伺うこともできます。 是非そちらもご利用ください。

⑤クレジット決済ができるかどうか

会社の実態を知るために、料金の支払い方法にも注目してみてください。 しっかりとした業者ならクレジットカードを使用することができます。

というのも、業者と依頼者の間に料金トラブルが過去にあった場合や、詐欺目的で会社を設立していた場合、まずクレジットカード会社からクレジットカードの利用許可が得られないことがあります。 さらにいうと、最近では電子決済が主流になりつつあるので、クレジットカードが使用できないというのは問題があると判断して良いでしょう。 気になる業者があれば、まずは料金支払い方法をホームページなどでしっかりチェックしておきましょう。 当社別れさせ屋ロジックではクレジット決済も可能ですので、安心してご利用ください。

相談時に良い業者かを判断するポイント

別れさせ屋は2005年頃までは数えられるほどしかありませんでした。 しかし現在は、300社近くの別れさせ屋が設立されている状況です。 私たちが知らない所で、別れさせ屋の需要というのはどんどん高くなっていることがわかります。 そして、これほどたくさんの別れさせ屋が出てくると「何が良い業者なのか」というのがわからなくなってきます。

もちろん、信頼できる業者であること、しっかり調査をして確実に工作をしてくれるという所であることは大前提ですが、中には「同性の人に相談をしたい」「自分の近所だと見つかる可能性があるから、程よく遠い所にある業者にお願いしたい」という希望もあります。 もちろん当社別れさせ屋ロジックでもできる限りの範囲でご依頼者様の希望通りにサービスを提供したいと考えております。 とにかくまずは自分がどんな業者に依頼をしたいのかというのを明確にしておきましょう。

それを踏まえ、自分が依頼したい業者を見つけた後、今度は相談時に良い業者かどうかを見極めていく必要があります。 そこで、相談時に見極めるポイントをご紹介します。

①契約を急かしてこないかどうか

まずは気軽に相談をしようという気持ちで行ったのに、やけに業者が契約を急かしてくるような所は要注意です。 特に「今すぐ契約をしましょう」「早く調査をして工作をしないと後悔しますよ」というように、依頼者の方が不安になるような言葉を言ってくるような業者はやめておきましょう。

当社別れさせ屋ロジックでは、本当に心から依頼者のことを考え、まずはどんな悩みを抱えているのかというのをしっかり聞き取っていきます。 その内容によっては、確かに急いで工作をしなくてはならない事例もあるかと思います。 ですが、それでも当社別れさせ屋ロジックからすぐに契約をするように迫るようなことはしません。

そして、良い業者は他の業者と比べることに対しても抵抗はありません。 自社のプランを念入りに説明し、最後は「他の業者とも比べて考えてみてください」と言ってその場はひとまず終わりとなります。

②違法な工作をしないかどうか

基本的に別れさせ屋は尾行調査をしてターゲットに接触しながら工作をしていく流れとなります。 しかし、その工作の中で違法行為に触れる工作をするグレーゾーンの業者もあります。

例えば、ある人が「あの夫婦を離婚させてほしい」という依頼をしてきた場合。 工作の中で相手と肉体関係を持つというようなプランをしてしまうと、公序良俗に反する工作となります。 こういった内容のプランを提案してきたら、場合によっては法律違反に引っかかってくる可能性もあるので、依頼はしないようにしてください。 工作員はもちろんのこと、依頼した人も罪に問われる可能性があります。

また、違法工作をするような悪徳業者の場合、料金トラブルも起こりやすいため、あまりお勧めはできません。 当社別れさせ屋ロジックでも法律に反するような工作は絶対にいたしません。 ご依頼者様はもちろんのこと、工作員が罪に問われるようなことにならないよう、十分に配慮した工作を行っていきます。

③わかりやすい言葉で説明してくれるかどうか

別れさせ屋に相談をしていると、中には専門用語などの難しい言葉が出てくる可能性もあります。 これは、依頼者に正確に内容を伝えるためにも必要なことなので仕方ない部分でもあるのですが、大事なのは、その難しい言葉をわかりやすく説明し直してくれるかという点です。

別れさせ屋が自分のペースでどんどん話を進めてしまい、依頼者側は何を言っているかわからないというような状況になったら要注意です。 その場合、業者側は自分たちの成果ばかり考えている状況で、依頼者のことは二の次になっている可能性があります。 このような状況になっていると、まず良い工作はできません。

当社別れさせ屋ロジックも時には専門用語を使ってしまうこともあるかもしれませんが、ご依頼者様が相談を終えた時に疑問点が残らないように丁寧な説明を心がけていきます。 もし、ご相談の中で気になる点がございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。

ページトップへ戻る
別れさせ屋Logic