別れさせ屋の成功率

  • ご相談件数1900件以上
  • 別れさせ屋業界初!全国対応交通費0円

まず最初にお読みください

別れさせ屋Logicの強み
公式インスタグラム

別れさせ屋の成功率

実際に別れさせ工作を依頼してくる人の多くが気にしている事が「工作の成功率」です。
多少なりとも別れさせ工作には、お金が結構かかってくることもあるため、
依頼者にとっては工作の成功率というのはかなり重要なポイントとなっています。

別れさせ工作の成功率に影響を及ぼすもの

では、そもそもどういったことが別れさせ屋の成功率に影響を及ぼしてくるのでしょうか?
実際に別れさせ工作を依頼する時に、依頼者からその成功率を聞かれるというのはよくあることです。
決して安いとはいえない費用になってくるので、成功率を質問したくなる気持ちもわかります。
世間の人達の印象として、別れさせ工作の成功は以下の点が重要だと考えられています。

①別れさせ工作を依頼する人と対象者との関係性
②対象者の行動パターンや性格
③依頼者と対象者以外の家族の存在

といったことが挙げられています。
しかし実際のところ、上記のポイントというのは成功率には直結しません。
あくまでも上記のポイントは「成功率」ではなく「成功するまでの時間」に影響してきます。
例えば、「対象者はいつも仕事帰りに居酒屋などに行って知らない人とコミュニケーションを取っている」ならば、すぐに関係を構築することができますし、
逆に「対象者はいつも仕事帰りにはどこにも立ち寄らずにまっすぐ家に帰る」ならば、関係を構築するのも多少時間がかかるといったものです。
これらは、「成功率」には直結しませんが、関係性の構築という点では「成功するまでの時間」に影響を及ぼしていることがわかります。
実際に仕事帰りにまっすぐ家に帰る人だって、長期間チェックしていればどこかで接点を持つきっかけが見えてくることもあります。
工作員はそういったきっかけを見逃さないように、慎重に行動をすることで確実に地道に工作を行っていきます。
また、中には「対象者はずっと家に引きこもってSNSばっかりしている」というような場合でも、
時間はかかるかもしれませんが、そのSNS上で繋がったりすることで関係性を構築することも可能です。
なので、基本的に関係性を構築することができないというような状況はないと考えられます。

なら、どういったポイントは成功率に影響を及ぼしてくるのでしょうか?
それは「依頼者と業者との信頼関係の構築」にあります。
依頼者がどれだけ本音で嘘偽りなく話してくれるかというのは、別れさせ屋にとっても重要なポイントとなってくるのです。
もしこの段階で、依頼者が本音や真実を話してくれないと、シナリオを考える方は最善策を見出すことができなくなってしまいます。
そうすると、結果として工作が失敗に終わってしまう可能性も高くなってくるというわけです。
しっかり本音や真実を共有しあい、「本気で別れさせ屋に依頼したい、別れさせたい」という意志を依頼者から感じ取れたら、正式に契約をするという流れとなります。
なので、「なんのために別れさせ工作を依頼するのか」「別れさせ屋と連携をしっかり取って一緒に成功目指して頑張れるか」というのは、
成功率を高めるうえで重要なポイントとなってくることでしょう。

では、実際に成功率を上げるポイントというのはどういった点にあるのでしょうか?
もちろん別れさせ屋のスキルも重要ですが、対象者の特徴も重要になっていきます。
では、具体的にどういったポイントが成功率を上げてくれるのでしょうか?

①対象者が過去に浮気等の不貞行為をしたことがある

もし対象者が過去に浮気などの不貞行為をしたことがある場合、実は別れさせ工作の成功率も高くなります。
というのも、浮気をする人の傾向としては「もっと遊んでいたい」と思っていることが多いです。
なので、工作員として対象者に近づきやすくなるため、関係構築もスムーズに行いやすくなるというわけです。
また、浮気をする人の傾向としては、現在お付き合いしている人との恋愛がマンネリ化しているケースも多いです。
マンネリ化で何の刺激もない時に、他の異性からのアタックがあると、心理的にそちらに気持ちが傾きやすくなるのです。
浮気をした際には、どんな背景があって浮気をしたのかというのを明確に知っておくと、成功率も高くなっていきます。

②対象者との付き合いが長い

恋愛において交際期間が長ければ長いほど、どうしてもマンネリ化しやすくなってしまいます。
このマンネリ化が耐えられなくなってしまい、どこかで刺激を求めるようになります。
そうなることで、対象者は新たな異性を探すようになり、タイプの人と出会うとそこから関係性が構築されていきます。
マンネリ化を感じているとそのまま浮気にも発展しやすくなるため、別れさせ工作をする際には非常にスムーズにいきやすくなります。
対象者と依頼者が今どのくらいの付き合いをしているのか、お互いの関係性はどうなっているのかということを明確にすることも非常に大切となります。

③対象者が誰とでも仲良くできる

普段から社交性がないような対象者の場合だと、工作員も接触しにくいため、成功率も下がりがちになります。
ですが、対象者が普段からよく色々な人と遊びに行っていたり、誰とでも仲良くなれるようなタイプの人だった場合、
工作員も自然と対象者にコンタクトを取りやすくなります。
また、対象者が警戒心の強いタイプの人だと、どんなに社交性があっても警戒されてしまう可能性があります。
なので、どんなに社交的でも工作員は焦らずに地道にコンタクトを取って少しずつ関係を構築していくようにしていきます。

④対象者が恋愛経験豊富

対象者が恋愛経験豊富だと、恋愛にどんどん積極的になっていく傾向にあります。
違う異性と恋愛をしてみたいという気持ちもあるため、自分にとって好みの異性が近寄ってくると、そちらに気持ちが傾きやすくなります。
何事にも前向きに物事を考えるようになるため、工作員が接触した時もプラスに考えることが多いです。
こういうタイプの場合は、工作員に対しても好印象になりやすくなるので、その分成功率も高くなります。

⑤対象者についての情報が豊富

別れさせ屋工作の成功率はなんといっても対象者についての情報がカギとなります。
普段対象者はどんな行動をしているのか、どんな所によく行くのかといった情報があると、工作もスムーズに進みやすくなります。
対象者とある程度関係性が構築されていると、対象者について色々な情報がわかってきます。
これらの情報を基に、最適なシナリオを作ることで違和感なくスムーズに別れさせ工作をすることが可能となります。

⑥寂しがりやな性格

対象者が寂しがり屋な性格である場合も、工作の成功率はあがります。
特に交際期間が長い場合、交際している異性が構ってくれなくなることで寂しさが出てくるようになり、
他の異性に気を取られやすくなっているため、工作員も恋愛対象として接触しやすくなります。
また、「今寂しい」と対象者が思っていると、すぐにでもこの寂しさを解消したいと思っている傾向にあります。
その時に工作員が入っていくことによって、自然にスムーズに工作が進むようになっていきます。
対象者も心を開きやすくなるので、シナリオ通りに物事を運ぶことも可能となります。

別れさせ工作の失敗とはどういうこと?

成功率が低い状態で工作をすると、場合によっては工作が失敗してしまう可能性があります。
基本的に工作が失敗したと判断するのは業者で、「この工作は失敗したため終了します」となったら失敗となります。
業者が別れさせ工作を諦めるということは基本的にありません。
別れさせ屋は依頼者の期待に応える責任があるので、しっかりとした業者なら諦めずに様々な方法で別れさせ工作をしていきます。
しかし、その中でもやはり失敗に終わってしまったり、途中で工作を終了しなくてはならないケースは出てきます。
では、一体どんなことが原因で失敗してしまうのでしょうか?
ここでは工作が失敗してしまう例をご紹介いたします。

対象者に別れさせ屋の存在がバレてしまう

基本的に別れさせ工作をする際には、工作員であるということがバレないように行動します。
対象者に直接依頼に関わるようなことの聞き取り調査は当然しませんし、接触する際にはとにかく自然な接触を心がけていきます。
なので、対象者が「この人は工作員なのでは?」と感付かれることはほとんどありません。
では、何故対象者に別れさせ屋の存在がバレてしまうという事態が起きてしまうのでしょうか?
実はそれは依頼者から発覚してしまうケースがほとんどなのです。
依頼者が持っていた別れさせ屋の名刺であったり、契約書類などが対象者に見つかってしまった場合、ここで別れさせ工作がバレてしまうのです。
別れさせ屋の存在がバレてしまった場合、近づいてくる人が皆工作員なのではないかと警戒心を高めてしまうことになります。
そうなると、自然と工作の成功率も下がってしまい、結果として失敗に終わってしまうというわけです。
実は、別れさせ屋において工作がバレてしまう原因はこういった書類などが対象者に見つかってしまうことが多いです。
なので、業者によっては書類や関連書類などは依頼が終了するまで預かっておくという所もあるようです。

依頼者から工作終了の申し出が出る

別れさせ工作をしている時に得られた情報は必ず依頼者に伝えるのが原則です。
その中で、依頼者も知らなかった対象者の一面が見つかることも少なくありません。
その知らなかった一面を知った依頼者が、これ以上の工作を希望せずに終わりにしてほしいと申し出てくることもあります。
この場合、工作が不完全な状態でも、申し出が出た段階で依頼は終了となります。
ただこれは依頼者にとっても納得いく結果になるので、こういった結果も悪くないのかもしれません。


このように、別れさせ工作が途中で終わってしまうのには様々な要因が挙げられます。
依頼者にとっては「このケースの成功率はどうなのか」「こんな状態だけど別れさせ工作はできるの?」と気になることもあるかもしれません。
ですが、それでも別れさせ屋は様々な事例の中で最適なシナリオを立てて工作をしていきます。
なので、どんな状態でも相談を諦めずに、まずは相談をしてみることも大事です。
また、実際に工作する際のシナリオも依頼者の人に話すので、どんなシナリオでいくのかというのも把握しておくことができるので安心です。
それを踏まえて、別れさせ工作を本当に依頼するかどうかを決めていきましょう。

ページトップへ戻る
別れさせ屋Logic