別れさせ屋の成功事例

  • ご相談件数1900件以上
  • 別れさせ屋業界初!全国対応交通費0円

まず最初にお読みください

別れさせ屋Logicの強み
公式インスタグラム

別れさせ屋と復縁屋の成功事例を大公開

実際に別れさせ屋に工作依頼をする前に、どんな成功事例があるのか気になるところです。
そこで、実際に別れさせ屋での成功事例をいくつかご紹介します。

実際に別れさせ屋のホームページをチェックしてみると、実際の成功事例が掲載されているところが多いです。
その中に、今自分が置かれている状況と似たような相談があれば、その別れさせ屋の成功率も見えてきます。
もちろん、依頼者によって工作内容も変わっていきますが、過去に同じような相談内容が解決しているというのがわかると、依頼する方としても安心ですよね。

では、実際に過去の成功事例を見ていき、どのように解決に導いていくのかを見ていきましょう。

①不倫相手を別れさせてほしいという依頼の成功事例

こちらは旦那とその不倫相手に別れさせ工作してほしいという依頼です。 依頼者は30代会社員の女性です。 依頼の契約期間は3ヶ月で料金は120万円での契約でした。

依頼者の状況としては【旦那は不倫をしていて許せないけれども、今の家庭環境を壊すつもりはないので、旦那と不倫相手を別れさせてほしい】というものです。 依頼者の人が旦那の不倫を知ったのは、旦那のスマホに届いたメールが偶然目に入ったことがきっかけでした。 しかし依頼者としては離婚を望んでいるわけではなく、もしここで旦那に不倫を追求したら離婚することになるかもしれないという恐怖もあり、なかなか切り出すことができないという状況でした。

「何かの間違いであってほしい」という願いをこめて探偵に依頼した結果、残念ながら旦那は不倫しているということが事実だと判明しました。 探偵側としては「このまま離婚して旦那と旦那の不倫相手に慰謝料請求をした方がよい」というアドバイスをもらったそうですが、依頼者自身は離婚を考えていなかったため、ここは旦那と不倫相手を別れさせた方が良いと判断し、別れさせ屋への依頼に繋がりました。

別れさせ屋側としては、依頼者が離婚したくないという気持ちを尊重し、別れさせ工作を実行しました。 まずは、探偵が調べたものを元に、ターゲット(不倫相手)とどうやって接触するかを考えていきました。

綿密にシナリオを作成し、なんとかターゲットと接触することに成功。 ターゲットに旦那のことについてどう思っているのかというのをしっかり聞く機会ができ、本当はどう思っているのかを知ることができました。 ターゲットとしては「そもそも年齢が離れているということもあり、そんなに深入りした恋愛をするつもりはなかった」とのこと。 もし旦那側が「あいつとは離婚するから俺と結婚してくれ」と言われたら断るつもりだったということも話してくれました。

そこで、不倫をするとどんな怖いことが起こるかというのをしっかり話し、ターゲットが不倫にたいして恐怖心を抱かせていきました。 そして同時期に男性の工作員をターゲットにせっしょkうさせ、少しずつ関係性を築いていきました。 少しずつターゲットの気持ちを男性工作員に向けるようにしていき、旦那から気持ちを離していきます。

そして同時期に、依頼者には旦那さんにどう接していけば良いのかというアドバイスをし、それを実行したことで2人の関係は修復されました。 ターゲットも改めて依頼者の大切さを実感し、より家庭を大切にするという決意をしてくれたため、2人は離婚することなく不倫相手と別れさせることに成功しました。

②元カノと復縁したいから、元カノと今の恋人を別れさせてほしいという依頼の成功事例

こちらは元カノと復縁を願う男性からの依頼です。 依頼者は20代後半の会社員です。 契約期間は3ヶ月で、料金は100万円での契約でした。

依頼者の状況としては、元カノと復縁をしたいから、元カノと今の恋人を別れさせてほしいというもの。 実際に依頼した別れさせ屋に依頼する前にも、何社か別れさせ屋に依頼を検討していたそうです。

そこで提案されたのは「元カノに男性工作員を接触させて気持ちを離す」という方法だったそうです。 ただ依頼者としては「元カノが異性の工作員に接触させるのはあまりしてほしくない」という気持ちがあること、そして元カノは決して浮気をするようなタイプではないので、恋人がいる状況で異性の工作員を接触させても効果はないのではないかという不安があったそうです。

そこで、実際に依頼を受けた別れさせ屋としては別の方法を提供することにしました。 実際の工作内容は身元がバレてしまう可能性があるので伏せますが、提案された工作は、依頼者も納得する方法で行われていきました。 しっかりと契約を結び、料金を支払ったのを確認した後に工作を実行しました。 実際に行った工作は、同性の工作員が元カノと接触をして別れさせつつも復縁ができる方法でした。 これには依頼者からの情報が非常に重要だったため、依頼者からはとにかく情報をもらった後に実行された工作です。

元カノと恋人を別れさせる工作を進めていくのと同時に、依頼者が元カノと復縁するための対応を伝授しておき、復縁工作も同時に進行させていきます。 その結果、元カノと恋人は別れ、依頼者と復縁することに成功しました。

③暴力をふるってくる彼氏と別れたいという依頼の成功事例

最後にDVをしてくる彼氏と別れたいという依頼です。 依頼者は20代後半の女性でアルバイト勤務です。 契約期間は2ヶ月で、料金は70万円での契約でした。

依頼者の状況としては、常に彼氏から監視されていて時々暴力を受けている状況で、今回のこの相談のことも彼氏にバレるのではないかという不安な気持ちを抱えながらの相談となりました。 別れさせ屋としては、個人情報の取り扱いは慎重に行っていることを伝え、不安な気持ちを少しずつほどきながらお話を聞くようにしました。 しかし、相談をしていると、段々怯えた表情をするようになり、平穏な日常生活を送るのが困難な状況になっていることがわかりました。 実際に依頼者が彼氏に別れを告げるとどうなるのか、DVはどれほどひどいものなのか、何をきっかけにDVが始まったのかなど、聞ける範囲でしっかりお話を聞いていきました。 そして、依頼者に被害が及ばないような別れさせ工作を綿密に考え、提案していきました。

実際に相談している最中も、彼氏からメールが何度も届いており、どこにいるのかと詰め寄ってくるような内容のものが書かれており、依頼者の方も恐怖でおびえている様子もありました。
そんな中、依頼者が納得する提案をさせ、料金の見積書を掲示しましたが「これを持って帰ると彼氏に見つかる可能性があるので怖い」とのことだったので、依頼者の意思をしっかり聞いたうえで、その場で契約をしてもらい、入金確認後に別れさせ工作へとうつりました。

いざ工作員がターゲットの彼氏について調べると、パッと見てDVをするような日tおには見えず、好青年という印象がありました。 しかし、依頼者の様子を見ていた工作員は見た目に騙されることなく、しっかりと調査を進めていきます。

そして、いざ工作員をターゲットと接触させて色々とお話を聞いていきましたが、DVをしているとは思わせないほどの社交性が高く、女性に対して優しく接している印象がありました。 調査の結果、ターゲットがDVをしているのは依頼者だけであるということが判明し、工作員はターゲットに対して心理誘導を繰り返すことにしました。 すると、ターゲットは意外にもあっさりと依頼者に対する気持ちが離れ、工作員と別れた後も依頼者に連絡することはありませんでした。

結果としては工作している段階で2人を別れさせることに成功しました。 その後は、特にターゲットが依頼者に連絡をしたり、突然家に来たりすることもなく、依頼者も安心した生活を送れるようになっていましたが、ある日ターゲットから工作員に連絡が入りました。 話を聞くと、ターゲットは「あなたと話している自分が今までしていたことに対して罪悪感を抱えるようになり、もうあの人とは連絡を取らないようにしようと思った」と話してくれました。

もちろん工作員はターゲットに対して「あなたはDVしていますね」というのは一切話しておりません。 間接的な心理誘導がターゲットにとってかなり効果的だったようです。 結果、依頼者はDV彼氏と別れることに成功しました。

復縁屋とはどんなもの?

別れさせ屋は相手を別れさせることを目的としたものですが、復縁屋は逆に別れてしまった人や別れそうな人に対して工作を行うもので、再び大切な人と繋がりをつなげる業務を行っていきます。

ここでいう復縁というのは「関係が途切れてしまった理由を明確にさせ、その関係性を修復していく」ということをいいます。 そして、一度切れてしまった関係性を元に戻すためには、何故関係性が壊れてしまったのかという理由を調査していく必要があります。

まず、別れてしまったカップルを見てみると「別れるときはスッパリ別れたい」とパートナーが思っている場合、何故別れることになったのかという理由を明確に話してくれないケースが多いです。 なので、いざ復縁をしたいと思っていても、何故自分はフラれてしまったのかがわからず、どうしたら良いのか困ってしまいます。 かといって、既に別れてしまった人にしっかり理由を聞き出せるかといったら、難しいという方も多いのではないでしょうか? なので、復縁をしたいと思っていてもなかなか上手くいかないケースが多いのです。

そこで復縁屋としては、別れてしまった本当の理由を明確にさせ、復縁に気持ちを向ける心理誘導をしていくのが仕事となります。< 1人ではどうすることもできないと悩んでいる人をサポートし、復縁工作を確実にしていきます。 大体別れてしまった原因としては喧嘩によるものが多いため、この原因をしっかり解消させていけば、復縁の可能性も高くなります。 復縁屋では依頼者の話をしっかり聞き取り、別れてしまった原因を突き止め、復縁の成功率を上げていってくれます。

そんな復縁屋の成功率ですが、残念ながら100%とは言えません。

復縁するためには、相手の人も復縁したいと思わせることが大前提で、そう思わせるためには依頼者の立ち振る舞いもとても重要になっていきます。 復縁屋が力になれることは、相手の人が復縁に気持ちが向くように心理誘導をさせていくことで、相手の人が復縁したいと思うかどうかは復縁屋が決めるものではありません。

そして、先ほども少し言いましたが、復縁の成功率のカギを握るのは依頼者の立ち振る舞いです。 相手の方の気持ちが最終的に復縁に向けるためには、依頼者の協力が必要不可欠となります。 この行動次第で復縁できる確率は大きく変わっていくといっても過言ではありません。

復縁屋が行う復縁工作についてですが、依頼者からもらった情報を参考にしながら、相手の方についてしっかりと調査をし、実際に工作員と接触させていきます。 そして、相手から何故別れると決めたのかという理由を聞き出し、工作員が復縁に向けて心理誘導をしていきます。 それによって、相手の方も自然と復縁について意識するようになっていきます。 その後は、自然な形で依頼者と相手が出会うように工作されていき、ここから復縁へとつなげていく方法となります。 つまりまとめると、復縁工作というのは「接触」「心理誘導」「出会いに繋げる」というのを基盤として行っていくというわけです。

では、次に復縁工作の成功事例をいくつかご紹介いたします。

①些細な喧嘩が発展して別れてしまった元カノと復縁をした成功事例

依頼者の方は20代後半の男性で医療系の仕事をしています。 契約期間は3ヶ月で、料金は80万円での契約でした。

別れてしまった理由は、元カノと些細なことで喧嘩をしてしまい、それが大きく発展してしまって別れてしまったというものでした。 まずここで復縁屋が聞き取りをしたのは、喧嘩の原因は何だったのかということでした。 まずはここを知っておかないと、どのくらいの規模で喧嘩をしてしまったのかというのが判断できないからです。

この依頼者は日常的に喧嘩することはよくあったそうで、今回は元カノを傷つけるような言葉を言ってしまったことが別れの決定打となってしまったようでした。 ここで注意しておかなくてはならないのは、元カノがどれくらい傷ついているのかというのがわからない状態で下手に謝ってしまうと、間違った謝り方をしてしまう可能性があることです。 今回依頼者は「謝る機会を作ってほしい」「どうやって謝ったら良いのか教えてほしい」という想いもあり、復縁屋もこれを踏まえて工作をしていきました。

まずはターゲット(元カノ)が現在、他の男性と付き合いがないかを確認しつつ、工作員もターゲットに接触し始めていきます。 そして同時に依頼者とも綿密に打ち合わせを行い、どこでどのようにターゲットと接触していくかというのを事前に計画を立てていたので、実際に依頼者もターゲットと自然な形で再会することができました。

それと同時に工作員の方でも、事前に別れた理由を明確に聞き取ることができていました。 実は別れた理由は、依頼者の人が思っている理由とは異なっており、前からターゲットは別れを意識していたそうで、今回の喧嘩の決定的な言葉で別れを後押ししたということも明らかになりました。 なので、依頼者にはターゲットが抱えていた不満を伝え、それを直してもらうようにアドバイスをしました。 そして、工作員もまたターゲットに復縁へと気持ちを向ける心理誘導を行っていき、徐々に復縁を意識させ始めていきます。

今回のこの依頼を通じて、依頼者自身も前までは人の話をあまり聞かないようなタイプだったのが、徐々に人の話に耳を傾けるようになっていくという変化が見えてきており、その様子を見ていたターゲットは復縁をしようと決めてくれました。 こうして2人は無事に復縁することに成功しました。

②浮気が原因で別れてしまった元カノと復縁をした成功事例

依頼者は30代前半の男性で飲食関係の仕事をしています。 契約期間は4ヶ月で、料金は110万円で契約をしました。

別れてしまった時の状況は、依頼者が友人に飲み会に誘われていたことを元カノに伝えていなかったことで浮気を疑われてしまい、別れを切り出されてしまったというものでした。 依頼者は浮気をしていないと何度も話していたそうですが、偶然依頼者の友達から飲み会に行っていたことを聞いた元カノが、自分に言っていないということで浮気を疑ってしまいました。

そこでまずは本当に浮気をしていなかったのかということを聞いてみたところ、正直に言うと浮気をしようという気持ちはあり、ホテルまで入ったそうですが、そのまま寝てしまったため、結果としては何もなかったとのことでした。 しかし、ホテルに行ってしまったということを元カノに言うことができず、疑いを晴らす方法も見つからないまま、謝罪をしても許してもらえずに別れてしまったそうです。

そこで、まずは浮気をしていないという証明をする方法を見つけるために、工作員がターゲットに接触することから始めました。 この段階で、まだターゲットは他の人とお付き合いをしていなかったため、予定通り接触に成功し、話を聞き出せる状況にもっていくことができました。 この時、依頼者からはターゲットの好きなものや趣味について聞き取りをしており、それに基づいたシナリオ構築をしたため、スムーズに人間関係の話をすることができるようになりました。 今回の工作員は女性にしておき、お互いに元カレの話をする状況にもっていき、そこでターゲットは依頼者と結婚をしたいと思っていたのに裏切られたという想いをもっていたことがわかりました。

工作員はここでターゲットは愛されたかったということを察し、依頼者には浮気をしないように意識させるのではなく、ターゲットのことを心の底から愛すように自己改善を行ってもらいました。 そしてターゲットには復縁を一瞬考えた隙を見計らい、再会を促していったため、お互いに再会させることに成功させることができました。 結果、ターゲットも「1回だけチャンスをあげる」ということになり、2人は無事に復縁することができました。

ページトップへ戻る
別れさせ屋Logic